↑OCNドコモ光へ申し込むならここから!最大で2万円のキャッシュバックをゲットしよう!!

私のOCNへ申し込みをしてプロバイダー乗り換えたレビュー(体験談)

私が約10年前にOCNへプロバイダー乗り換えをしたことを紹介したいと思います。どうやって乗り換えをしたらいいのかわからないって方も多いはずです。私のようにパソコン初心者の方でも簡単に乗り換えが出来ます。その手順について紹介していきますね。

OCNへ乗り換えた手順とは?!

【私が体験した手順】

①OCNを申し込む

②OCNよりメールが届く

③OCNより重要書類が送られてくる(プロバイダID、パスワードなど)

④無線LANルーターの設定

⑤パソコンにプロバイダ設定をした

⑥インターネット接続が成功

OCNへ乗り換えを申し込むとその時契約していたプロバイダーメールへメールが届きました。それは自動送信といった形のメールでした。その日は営業時間が過ぎていたので、次の日にその時契約してたプロバイダーへメールが届きました。

そのメールには1週間ほどで重要書類が入った封書が届くような事が書かれていました。それから待つ事数日・・・。5日目くらいにOCNから重要書類が入ってるらしきの封書が届きました。

その封書には、「プロバイダーID」と「パスワード」の他に「メールアドレス」と「メールパスワード」が書かれた書類がありました。他に初期設定ガイドなどがありました。封書は写真のような感じでしたね。

私がOCNに申し込んだ内容は、「プロバイダー」としてと「メールアドレス」、「迷惑メールブロックサービス」「迷惑メールチェックサービス」などです。IP電話などは申し込みませんでした。その事を踏まえてご覧ください。

乗り換える前の契約してたプロバイダーはルーターをレンタルで借りていました。そのために、光回線用のルーターがなかったので、近くの電気屋さんで無線LANルーターを買い求めましたね。 どんなルーターが良いのかは契約してる光回線によって規格が違いますので、注意して頂きたいと思います。

OCN光の評判が気になる方はこちら⇒【OCN光の評判

ルーターを新しく買ったのでその設定をしました。無線LANルーターの設定をしました。「ユーザー名」と「パスワード」はこのサービス共通のものらしいです。左の写真のような感じで、ルーターのユーザー名とパスワードを入力して設定をします。

無線LANルーターを設定して、インターネットに入り、コントロールパネルから指示通りに進み、最後に「接続先ユーザー名」と「接続先パスワード」を入力してください。との事でしたのでOCNから送られてきた「プロバイダーID」と「パスワード」を入力しました。

進むボタンを押すとインターネットへの接続確認画面が表示され、接続が成功すると「接続成功です」と表示されました。一度ブラウザを閉じ再びブラウザを起動するとホームページが表示されました。

その後、OCNへのホームページへ行きメールアドレスの設定をしました。「メールアドレス」と「メールパスワード」を入力して終了となりました。これで接続となりました。

プロバイダー乗り換えは本当に簡単です。接続設定をすれば終了となります。その後はいつもの通りにインターネットが繋がるようになり楽しめるようになります。

OCNのホームページも自分の好みのデザインに乗り換えする事ができます。私は小鳥が好きなので小鳥のイメージにしてみました。

公式サイト安心のNTTグループ『OCNforドコモ光』

回線工事のレビュー(体験談)をプロバイダー乗り換えによってしました

【光回線工事を体験した手順】

①光回線の申し込み

②工事日の決定

③工事開始

④電線の光ファイバー線を自宅へ引き延ばす工事

⑤光ファイバー線を自宅に引き込む工事

⑥終端装置に接続して終了

⑦インターネット接続テスト

⑧光回線開設

これはもう10年も前の話です。それまでADSLだった私は、電話が鳴るたびにインターネット回線が切れ嫌気を感じていた。でも、内心は光回線の工事ってどうなんだろうって不安を感じていた。

そんな中で、プロバイダー乗り換えを期に光回線工事を決意しました。もう、電話が鳴るたびにインターネット回線が切れるのはごめんだ。

そして、NTTから連絡があり工事日が決定しました。私自身初めての経験でしたので、光回線ってどんなものなのか。どんな工事をするのか全然わかりませんでした。

しかし、工事日当日にその不安は払拭されました。工事にはNTTの方が2名来られました。工事自体は一人の人が担当されていて、その下で交通整理をされてる人がもう一人おられました。

工事って面倒なんだろうなって思っていたのに、全然そんな事なかったです。工事自体は20分ほどで終わりましたね。どうやって家の中に入れるのかなって不安に思ってましたが、それも払拭されましたね。

光ファイバー線を家の中に入れる方法はエアコンの排気口です。そこから入れられてました。なので新たに穴を開ける事なく終わりましたね。まぁまぁその手際の良い事。凄く感動しました。やっぱりプロですね。

光ファイバー線って本当に細いのですよね。これでよくあれだけの情報量を流すなぁって思いました。光回線の自宅内への引き込み工事が終了すると、終端装置への設置をしてテストをされます。光回線のスピードテストですよね。それが終わると工事が終了となります。

ADSLの回線工事というのは局内工事なので、私達が知るところがないのですが、光回線工事は自宅に光ファイバー線というものを引き込まなければインターネットへつながりません。

どんな工事になるんだろう。1日がかりの工事になるんだろうかと不安でしたが、1時間内で工事が終了しましたし、とっても安心して見ていられました。

但し、光回線工事は絶対に立会人が必要で、工事が終わるまで家にいなければなりません。忙しい主婦や、会社勤めのお父さんなどはなかなか難しいかも知れませんね。

でも、立会人が必要となるので、予約を入れたらその日は1時間でも予定を空けておいて下さい。簡単に工事は終わります。安心して下さい。

OCN光の回線速度の評判が気になる方はこちら⇒【OCN光の回線速度の評判

プロバイダー乗り換えで必要な工事費について

プロバイダー乗り換えをして光回線工事をした場合、費用はどうなんだよって疑問に思う事でしょう。普通に工事をしたわけですから無料と言う事はありません。

  • フレッツ光:一戸建て⇒18,000円。 マンション⇒15,000円
  • auひかり:一戸建て⇒37,500円。 マンション⇒30,000円
  • NURO光:全てのタイプ⇒40,000円
  • ドコモ光:一戸建て⇒18,000円。 マンション⇒15,000円

以上の様になります。こう見ると、やっぱりフレッツ光は安いですね。これらの工事費もキャンペーンにより実質無料となる場合があるようです。

光コラボレーションの場合は、フレッツ光と同じとなります。なので、一戸建てタイプが18,000円。マンションタイプが15,000円になります。

注意して頂きたいのが、途中解約をすると解約金が発生するので注意が必要となります。また、撤去工事も必要になる場合があるので注意が必要です。

auひかりの撤去工事費は、10,000円から28,800円に値上がりしたという事なので注意しなければなりません。NURO光に関しては撤去工事費が10,000円です。フレッツ光は無料のようです。

私のOCN光コラボレーションへ転用したレビュー(体験談)

【転用を体験した手順】

①NTTへ転用を申し込む

②NTTより転用承諾番号がメールにて送られてくる

③OCN光を申し込む。その際に転用承諾番号を記入する

④OCNよりメールが届く

⑤OCNより重要書類が送られてくる。(プロバイダID、パスワードなど)

⑥パソコンにプロバイダ設定をする

⑦インターネットの開設

今の光回線では、遅くてイライラすると感じる方に読んでもらいたいレビュー(体験談)です。フレッツ光の自由販売が始まった事でOCN光が誕生しました。

そんな背景を踏まえてOCN光へ転用した私のレビュー(体験談)を読んでみてください。

2015年4月にOCN光へ転用を体験しました。プロバイダーと光回線がひとつになった光コラボレーションを体験するためにOCN光へ乗り換えてみました。

光コラボレーションは、ただプロバイダーと光回線がひとつになっただけではありません。料金も割安になっている点を見逃してはなりません。

他社の光コラボレーションの中には、スマホとの連携で家族全員の通信費が割引され安くなる事がありますので、一度検討してみる価値は十分にあります。

写真は、OCN光へ転用を申し込んだ結果、送られてきた重要書類です。今回の書類は薄かったです。それも当然で、プロバイダー乗り換えではなく、ただのコース乗り換えなだけです。

体験談ですので、書かせてもらうとOCN光に転用するとプロバイダー料金とフレッツ光回線料金が一括になってお支払いできるのでとても楽ですね。

2015年6月になり、OCN光に転用して初めての請求が届きました。請求書は、メールにて簡単な請求でしたが、内容を見て驚きました。キャンペーンで500円も割引されてるではないですか。

当初予定されていた2年自動更新型割引により1100円も割引され、その上にキャンペーンで500円も割引されていました。

  • 2015年5月 基本料金 6200円
  • 2年自動更新型割引 1100円割引
  • キャンペーン 500円割引
  • 合計  4,600円

その他に、オプションなども請求されていましたので、もう少し高くなってますが、それでも5,000円ちょっとです。今までは7,000円以上も請求されていたネット料金がここまで安くなってました。

光コラボレーションの申し込みで迷う点は、NTT西日本で転用承諾番号を発行してもらうことでしょうか。

今回の体験でわかったことは、光コラボレーションの申し込みは簡単って事、キャンペーンを利用するなら絶対に新規か乗り換えじゃなきゃならないって事です。

そして、プロバイダーと光回線がひとつになった事で、プロバイダー料金と光回線料金を別々に支払うわずらわしさがなくなったと言う点も見逃せません。

今、フレッツ光を開通させてる方で、OCN以外の他社を利用されてる方は是非!OCN光に転用承諾して乗り換えてみませんか?乗り換える価値は十分にあります。光コラボに転用する事で料金がまとめられ更にキャンペーンで安くなります。

またOCN光は一部批判的なところもありますが、バックボーンがどこのプロバイダーよりも太く高速通信が楽しめる光通信です。OCN光になり更に磨きがかかりました。

人気サイトなどへのアクセスは遅くなるものの、動画もインターネットテレビもサクサク動いて快適そのものです。不満を感じるレベルではありません。むしろ、快適で楽しさがあります。

それはOCN光の運営会社が世界レベルにある事と、全プロバイダーの中でもトップレベルで人気がある事でうなずけます。

公式サイト安心のNTTグループ『OCNforドコモ光』

光コラボレーションも事業者乗り換え承認番号発行で簡単に乗り換えが出来る

2019年7月より光コラボレーションをはじめとするフレッツ光系統の回線同士での乗り換えが簡単に出来るようになりました。それは「事業者乗り換え」と呼ばれるものです。

フレッツ光から光コラボレーションへ転用したのと同じく事業者乗り換え承認番号を発行してもらうことで、工事をする必要もなく簡単に乗り換えが可能です。