プロバイダーを変えるとは?!

プロバイダーを変える時の注意することって何があるの?!といった疑問をお持ちの方が来られたと思います。どんなことがあるのか気になりますね。

詳しくはこちらプロバイダー乗り換えの注意点

公式サイトNTTコミュニケーションズの光回線サービス【OCN光】

プロバイダーを変える時に注意することってありますか?!

ありますね。僕の体験談でもあるのですけど、恥を忍んでお話しますよ。

それはどんな事ですか?! 興味あります。お話頂けますか?!

はい。いいですよ。それは、違約金のことです。プロバイダーを変える時に一番注意しないといけない事は違約金ですね。

違約金ですか?! それって、プロバイダーを契約すると縛りが出来ることですよね?!

そうです。2年契約がほとんどで、僕もOCNと2年契約をしてました。だから、2年以内に解約をすると違約金が発生するのです。

それでどんなことが恥ずかしいのですか?!

いや~。それがですね。11月内に解約すると違約金が発生しないからとプロバイダーの乗り換えをするために、OCNへ事業者変更承諾番号を発行してもらおうと電話したわけです。

電話したのが11月下旬というか20日過ぎ頃でした。解約が成立するのに2週間かかると言われました。ですから、12月になっちゃうのですね。それで違約金が発生すると。やっちゃいましたね。

まぁ。それは大変でしたね。という事は上旬に電話してれば良かったってことですね。

えぇ。そうです。皆さんも解約をするなら早目にした方が良いと思います。解約しても違約金が発生しない頃に成立するように一週間ほど前倒しで解約するといいです。

プロバイダーを変える時に注意すること【違約金が発生する】

違約金はプロバイダーを変える時に特に注意したいことですね。1万円、2万円と違約金を支払う羽目になるのはごめんです。

そうならないためにも細心の注意を払ってプロバイダーを変えて頂きたいと思います。前もって相談などをされておくと良いかもです。

違約金を発生させないためには、契約期間を守る必要があります。例えば、2年契約なら2年後の24ヶ月目と25ヶ月目の間に解約を済ませます。連絡は、なるべく上旬に連絡すること。

解約期間内ならいつでも連絡できるとは大間違いである。僕の失敗談より。

参考にしたサイトフレッツ光の解約に必要な解約金・違約金はいくら?

公式サイトNTTコミュニケーションズの光回線サービス【OCN光】