転用をした手順を体験談から紹介!光回線の転用は簡単でした件

今日は、プロバイダーを変えるの手順について紹介します。まずは転用についてです。

転用とはNTT東日本およびNTT西日本のサービス商品のフレッツ光を他社光コラボレーション事業者へ貸出て乗り換えることを転用と言います。

光コラボレーションってのは、フレッツ光をNTT東日本およびNTT西日本から転用と言う形で借りて、自社が運営するプロバイダーと合わせてサービス提供するモデルのことです。

だから、それまではフレッツ光とプロバイダーは別々会社で、それぞれに支払い窓口が違っていました。光コラボレーションにすることによって一つの支払い窓口になったことになるわけです。

転用の手順は超簡単!挑戦してみて下さい

転用で必要なものはずばり「転用承諾番号」です。これだけです。あとは普通に申し込むだけ!だから超簡単なのです。

もう勘の良い人ならこれだけの説明ですぐにも申し込みが出来ますよね。でも、まだ焦らないで下さい。転用承諾番号の発行が必要です。それを説明します。

NTTのホームページで申し込む

初めての方でも簡単です。というのも私も言うほどもパソコンが得意なわけではありません。(暴露)

けど、それでも簡単に出来てしまうほどでした。まずは、用意するものがあります。それは「フレッツ光のお客様ID」です。CAFから始まる番号です。

NTTのホームページでログインします。申し込む前に、NTTの会員になってないとインターネットから申し込みが出来ません。

ログインをして転用承諾番号を発行します。早いと数分で出来ると思います。初めての方は何かと戸惑って手間取るかも知れないですね。でも落ち着いてゆっくりと進めて下さい。

まとめ

私は既に転用をしてますが、2015年頃に転用をしました。OCNwithフレッツからOCN光へです。初めての事ですから戸惑うと思ってましたが、意外とすんなりと簡単に出来ましたね。

戸惑うポイントとして、NTTのお客様IDを用意しておくこと。NTTのホームページで会員になっておくことです。その際に会員IDとパスワードは忘れないようにしておかないといけませんね。

これらが用意できていれば、あとは簡単なのでスムーズに転用承諾番号を発行することが出来ますし、光コラボレーションへの転用もスムーズに行うことができるでしょう。

もしよければ私がおすすめする光コラボレーションへ転用をしてみませんか?!



申し込みはこちら【ドコモ光】比較して納得!えらべる25種類のプロバイダー!