マンションでプロバイダを変更する際の注意点

現在、マンションにお住まいの方は、プロバイダを変更する時に、いくつか注意しなければならないことがあります。変更が可能かどうか、マンションに導入できるかどうか、この二点です。これさえクリアできれば、新しいプロバイダでインターネットを利用することができます。

マンションがプロバイダ契約している場合

気をつけなければならないのは、入居しているマンションが、マンション単位でプロバイダ契約をしているケースです。入居者にとっては、ルーターなどの機器を用意すれば、入居してすぐに無料でインターネットを利用できるメリットがあります。

このケースですと、プロバイダを変更したいのであれば、まずは管理会社に相談しなければなりません。管理会社から許可が下りれば、自身でプロバイダと契約し、そのプロバイダのインターネットを利用することができます。マンション内には、MDF室という回線が集まっている部屋があり、工事の日はその部屋の施錠が必要です。これも事前に管理会社に確認しておきましょう。

もし、マンションの管理会社側から断られてしまったら、個人で固定回線を導入するのは諦めましょう。しかし、ワイモバイルやWiMaxのように、モバイルルーターでインターネットをする方法があります。電波を拾ってインターネットする仕組みになっているので、面倒な工事は必要ありません。携帯電話と同じようなものであり、もちろんマンション側に許可もいりません。どうしても自分でインターネットを持ちたい方は、モバイルルーターへの変更を検討してみてはいかがでしょうか。

プロバイダ変更するのであればエリア検索をしよう

マンション側の許可を貰ったとしても、必ずマンションに固定回線を導入できるわけではありません。設備の問題、エリアの問題によって、導入できないこともあります。マンションには、対応している回線タイプがあります。回線のタイプとは、光回線・ADSL・ケーブルなどがあります。建物で対応している回線は限られておりますので、契約しようとしているプロバイダの回線種別を確認し、マンションが対応しているか確認が必要です。

そして、エリア検索も重要です。プロバイダは対応しているエリアが決まっております。もし設置住所が提供エリア外だとすると、そもそも工事ができず、回線を引きこむことができません。提供エリアであったとしても、回線が埋まっていて、新規で申し込みすることができないケースもあります。それらを調べるためには、プロバイダに連絡して担当者に確認したり、ホームページ上でエリア検索を行いましょう。

戸建てとは違い、マンションなどの集合住宅では、プロバイダ変更を自分だけで決めることができません。事前に管理会社に許可を取ったり、マンションの設備を確認する必要があります。下調べをせず、プロバイダ契約することは避けましょう。

マンション料金の比較

So-net光 2780円(税込み)
DTI光 2640円(auセット割)
OCN光 3960円
ソフトバンク光 4180円
ドコモ光タイプA 4400円

ドコモユーザーには悲しいけど、ドコモ光はマンションタイプでも高いです。スマホのセット割を利用するのが、ドコモ光では必須となります。

auユーザーなら断然!So-net光がおすすめです。auスマートバリューが適用されるので更に安くなる見込みです。

ソフトバンクユーザーはソフトバンク光と、スマホ割が適用される事が必須条件となりました。

詳しくはこちらもプロバイダ変更後にパソコン設定するには?!