初めてのプロバイダー乗り換えの設定は初心者でも簡単!

ステップ1

Windows10の最新のパソコンへのプロバイダー設定の順序を説明します。

パソコン画面左下のスタート、電源オフをする場所にマウスを持っていきます。そして、右クリックしてみて下さい。そうすると、上の写真のようなものが出てきます。

その中から「設定」および「コントロールパネル」を選択しクリックして前に進めましょうね。

ステップ2

上の写真は「設定」が立ち上がった状態です。その中から左側にある「ネットワークとインターネット」を選択しクリックします。

ステップ3

上の写真のようなものが立ち上がったら、左側に書かれてる「ダイアルアップ」にマウスを持っていきクリックします。

ステップ4

上のような写真が立ち上がったら、ダイアルアップの「新しい接続またはネットワークのセットアップ」にマウスを充ててクリックしてください。

ステップ5

上の写真のようなものが立ち上がってくるはずです。「接続またはネットワークのセットアップ」です。その中から一番上の「インターネットに接続します」にマウスを充てクリックします。

ステップ6

上のようなものが立ち上がってきます。既に接続がされていれば「既にインターネットに接続してます」と表示されますが、まだの場合は青文字の一番下「新しい接続をセットアップします」を選択しクリックします。

ステップ7

上のようなものが立ち上がってきます。「どのような方法で接続しますか?」とあるうちから「ブロードバンド(PPPoE)」と書かれた部分を選択しクリックします。

ステップ8

上のようなものが立ち上がってきたら、プロバイダーから送られてきた書類に書かれていた「プロバイダID」と「パスワード」を写真の部分に入力していきます。一文字でも間違えると接続できませんので慎重に打ち込んでいきましょうね。

全てが入力終われば、一番下の「接続」をクリックします。どうでしょうか? インターネットに繋がりましたか?

ステップ9

ご苦労様でした。もしインターネットに接続出来てない場合は最初からやり直してみて下さい。また、しっかりとインターネットに接続されているか確かめてみて下さい。 例えばルーターの電源など。

参考にしたサイトプロバイダーの設定方法について

まとめ

パソコンへの設定方法は以上です。プロバイダーの設定が出来たら、インターネットへ接続をしてみましょう。もし上手くつながったら、これで終了です。しかし、上手くインターネットに接続出来ない場合は、どこかが間違ってるか、他の要因もあります。

光回線工事は済ませてるか

もしまだ光回線工事が出来てないなら、まずは工事の予約をしてからです。プロバイダーに連絡をして光回線の工事の予約をしましょう。光回線が自宅につながってるなら、インターネットへの接続ももうすぐです。

ルーターとパソコンが接続されてるか

光回線を使うには、光回線を自宅に引き込み終端装置に繋げられます。その終端装置とルーターを接続します。ルーターとパソコンを繋いだらインターネット接続が出来るようになります。

私の経験ですが、上の写真が終端装置になります。光回線工事をされる時に工事の方が終端装置を準備していただけると思うので、光回線工事を済ませてる方はあるはずです。

終端装置とルーターは違います。上の装置がルーターになります。終端装置とルーターをつなげて、ルーターからパソコンへ繋げます。ここまで出来たらあと少しです。あとはそれぞれの電源を入れてパソコンを立ち上げてインターネットに接続してみましょう。

プロバイダーの変更の度に、このような面倒な作業をしないといけないですが、最低限のことだけでもサポートに頼ることなくやれるようにやってみましょう。

プロバイダー設定が初回無料だからOCN光がおすすめ!

OCN光の訪問設定サポートは、プロバイダー設定からメールアドレス設定、無線LAN設定などあなたに代わってインターネット設定をやってくれます。詳しくはサイトにて

公式サイトNTTコミュニケーションズの光回線サービス【OCN光】