光回線の乗り換えが面倒臭いという方へ

インターネットの契約の中でも光回線はとても速く快適に楽しめるので多くの方が利用されていますが、乗り換えとなると面倒臭いとなるのはなぜなんだろうと思います。

その理由と解決方法などを紹介できたらと思います。

光回線の乗り換えが面倒臭いと思える理由

光回線を乗り換える方法としては3パターンがあります。2パターンはフレッツ光限定のものです。

方法 面倒と感じる点
新規 新規で申し込みをして、光回線工事を行う
転用 転用申し込みをするために、事前に転用承諾番号を発行する
事業者変更 事業者変更申し込みをするために、事前に事業者変更承諾番号を発行する

乗り換えを行うためには、事前に「光回線工事を行う」、「転用承諾番号を発行する」、「事業者変更承諾番号を発行する」などのポイントが面倒臭いと感じられるようです。

詳しくはこちらプロバイダー乗り換え方法

光回線工事を行う

光回線工事を行うためには、インターネット契約をする際に、光回線工事予約を行います。その際に、ご自分のご都合の良い日にちなどをサポート担当者に伝えます。

担当者との話し合いにより工事日が決まります。工事当日は、立会人が必要なために誰か一人が自宅で見守らなければなりません。

こういった事から光回線工事は面倒臭いと感じる方も多いようです。ならば、光回線を諦めて他の方法でインターネット契約が出来ないか調べてみましょう。

詳しくはこちらプロバイダー乗り換え新規

転用承諾番号を発行する

フレッツ光を他社光コラボレーション事業者へ乗り換えるためには、転用をしなければなりません。そのために必要なのが転用承諾番号を発行するということです。

転用承諾番号を発行するには、元よりのNTTへ申し込みを行います。NTT東日本とNTT西日本のホームページからでも簡単に申し込みが行えて、その日にも転用承諾番号が発行されます。

パソコン操作が得意な人にとっては簡単な事ですが、苦手と感じる方や高齢者の方は、苦痛に感じるかも知れません。

その場合は、知り合いにパソコン操作が得意な人がいたら頼んでみるのも良いでしょうし、NTT東日本やNTT西日本へ電話をしても良いと思います。これで解決出来ます。

詳しくはこちらプロバイダー乗り換え転用

事業者変更承諾番号を発行する

光コラボレーションを乗り換えるためには事業者変更をしなければなりません。そのためには事業者変更承諾番号を発行する必要があるのです。

パソコン操作が苦手な方でもこれは出来ます。発行するためには、現在利用中の光コラボレーション事業者へ電話をします。ドコモ光ならドコモへ。OCN光ならOCNへ電話をします。

そこで電話をしたら事業者変更承諾番号を発行する事を伝えます。そうすると大概の事業者は乗り換えをされたくないので、止めに入ると思いますが、それを振りのけて強行突破でお願いしますと。

パソコン操作が得意な人にとっては事業者変更承諾番号の発行をお願いするのが面倒臭いと感じる方もいることでしょう。その場合は、光コラボレーションを解約して、また新たに光コラボレーションを申し込むかモバイルを申し込むのが良いでしょう。これで解決です。

詳しくはこちらプロバイダー乗り換え事業者変更

光回線の乗り換えが面倒臭いのまとめ

光回線は現在のところNO1と言えるほど回線速度が速く安定してインターネットが楽しめる方法です。その乗り換えをするのが面倒臭いと感じるかも知れませんが、少しの我慢でまた大きなメリットを楽しむことが出来ます。

光回線を乗り換える最大のメリットはキャンペーンでしょう。光回線のキャンペーンには「高額キャッシュバック」や「月額料金の割引」などなどがありとてもお得です。

中でも高額キャッシュバックは目を疑くほどの高額を貰えるので嬉しくなることでしょう。体験してみて下さい。おすすめはOCN for ドコモ光です。3ヶ月後には2万円が貰えます。

詳しくはこちらプロバイダー乗り換えキャンペーン