プロバイダって何?インターネットの仕組みを知ろう

インターネットを始めるには、プロバイダが必ず必要です。そもそもプロバイダって何?と思っている人もいるのではないでしょうか。プロバイダとはそもそも何なのか、どうやって選べばよいのか、馴染みのない人にとっては難しいと思います。ここでは、インターネットの仕組みとプロバイダについて説明したいと思います。

インターネットの仕組みとは


まずはインターネットの仕組みとプロバイダの関係について説明します。プロバイダとは、インターネット接続業者のことです。インターネットをする場合、必ずプロバイダが間に入っております。回線→プロバイダ→インターネットという流れでインターネットが行われているのです。利用者が、回線も契約しなければなりませんが、合わせてプロバイダも契約しないと、インターネットを使うことができないということです。

実際のサービス提供会社を挙げて説明しましょう。回線を提供している業者は、NTT東日本/西日本やKDDIなどが有名です。回線は基地局から各家庭にケーブルで繋げており、回線業者は、品質の管理と工事などを担当します。

プロバイダは、OCNやぷらら、BIGLOBEなど数多く存在します。プロバイダは、インターネットに接続する役割がメインです。インターネットを使う為には、IPアドレスが必要であり、プロバイダは決められたIPアドレスを発行してくれます。他にも、メールアドレスを提供したり、接続設定に関してのサポートを行っております。

利用者は回線業者と契約しただけでは、インターネットに鍵がかかっている状態です。プロバイダと契約することで、その鍵を開けるといったイメージです。

プロバイダの役割

プロバイダには、インターネットに接続する以外にもさまざまな役割があります。例えば、有害サイトをブロックです。犯罪性や暴力性の高いサイトや、子供が間違ってアダルトサイトにアクセスしないように、有害サイトをフィルタリングし、利用者の安全を守ります。もしインターネットを使った犯罪が行われた場合、警察はプロバイダに情報開示を要請し、事件の解決に協力することもあります。

現在、インターネットは世界の中心の通信手段になりました。そんな世の中にあって、プロバイダは、単にインターネットを利用できるようにすることだけが役割ではなくなったのです。利用者が安全・安心にインターネット利用できるように、企業側も努力をしなければならないのです。

いかがでしたでしょうか。インターネットとプロバイダはどんな関係があるのか、何となく理解していただけたら幸いです。プロバイダごとに、さまざまなサービスを提供しているため、自分に合ったサービスが見つかるとよいですね。

参考にしたサイトプロバイダーとは何?!