isp(プロバイダ)を変更することのメリット・デメリット

インターネットをするためには、isp(プロバイダ)と契約しなければなりません。よくプロバイダ乗り換えという言葉を聞きますが、ispを変更することにより、利用者にどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

【メリット】ispを変更すれば、料金が安くなり特典がもらえる


ispを変更したからといって、インターネットの速度が極端に速くなったり、使いやすくなる、といったことはあまりありません。それでもプロバイダを変更するメリットはあります。それは、料金が安くなること、そしてキャンペーンで特典を受け取ることができることです。

プロバイダは、どこの企業でもさほどサービスは変わりません。通信速度は、あくまで回線業者に準拠するので、プロバイダによって速度が変わることはほとんどありません。繋がりやすさも、回線の品質次第であり、インターネットを利用する上で、ispによる違いはさほどないのです。

ただ、月額料金はプロバイダによって大きく違います。今利用している会社よりも、さらに料金の安いプロバイダがあれば、積極的に乗り換えるべきです。毎月数百円の差ぐらいにしかならないかもしれませんが、同じようなサービスを使うのであれば、安い方を選択した方が賢いです。

また、ispの乗り換えの際に、キャンペーンで特典を受けられることがあります。プロバイダのキャンペーンの特典といえば、キャッシュバックです。光回線であれば、数千円~6万円のキャッシュバックが貰えることもあります。キャッシュバック目当てで、頻繁にispを変更している人もいます。お得なキャンペーンを見つけたら、積極的に乗り換えていきましょう。

参考にしたサイトプロバイダー乗り換えのメリット5つ

【デメリット】違約金に気をつけよう

乗り換えは、良いことばかりに見える一方で、残念ながらデメリットもあります。利用者が最も困るものが、違約金です。乗り換え前のispを解約する時に、違約金が発生する可能性があります。プロバイダに限らず、通信関係の契約は、2年縛りなど長期契約を結ぶことがあります。もし定められた期間以外で解約すると、違約金が発生してしまうのです。ispによって金額は違いますが、1万円前後は発生すると考えておきましょう。

もし乗り換えするのであれば、解約しても違約金が発生しない更新月かどうかを事前に調べておいてください。稀に乗り換え先のプロバイダが、解約時の違約金を負担してくれることもあります。その場合、違約金が発生したことを証明するために、乗り換え前のispに、請求書を発行してもらうよう依頼しましょう。

ispの変更には、メリット・デメリットどちらもあります。ただ、料金が安くなり、特典を貰えることを考えると、違約金が多少発生したとしても、乗り換えた方がお得です。賢くisp乗り換えをしたいですね。

参考にしたサイトプロバイダー乗り換えのデメリット5つ